働き方が激変する社会到来|交流が苦手な子供は発達障害の可能性がある|早めに治療して改善
看護師

交流が苦手な子供は発達障害の可能性がある|早めに治療して改善

働き方が激変する社会到来

スーツの人

知識や技術を得る努力

パソコン始め各種通信端末機器が急速に仕事や家庭に普及してきたので、必要と思う情報を簡単に手に入れられるようになりました。同時に、業務や日常活動の動きが早くなり、働く者にストレスがかかりやすくなってきました。大量の情報を処理することができるよう、IT化と共に自動化やロボット化が進んで仕事の生産性が高まり、以前と比べれば一定期間に業務、日常活動を余分に処理できているはずです。この過程で人手を要する単純作業が機会に取って代わられて、人は一層、頭脳労働や専門性の高い知的業務に携われるようになったわけですから先進国に生きる者として望む方向であることは確かです。しかしながら、こうした変革は第4次産業革命と言われる程に働き方が激変し、従来型の働き方で止まっていれば多くの人の雇用が失われることになるので、我々はこの改革型社会に追随して行かなければならないわけです。そこで、今までの繰り返しで生きていかれず、新たに知識や技術を得る努力を要求されるので、多くの人にストレスがかかってきます。

生産性を高める人間関係

ストレス解消にはオフタイムに趣味や軽い運動の他に家族や友人、知人との食事や楽しい会話等が必要不可欠ですが、精神的、肉体的なタフネスさは人により大きく異なります。このため、こうした高度情報化社会では自分の心の整理が上手くいかず、イライラ感が募るようになる人が増えます。気持ちの整理を終えない内にまた次の仕事を始めるようになればストレスが心を覆ってしまい、周囲に対して八つ当たりや異常行動を起こしたり、人によってはうつ病のような症状になって仕事にモチベーションを持てなくなるどころか、治療を受けなければならない状態に追い込まれる人も出てきます。従って、これからの職場では生産性を高めようとすれば働く者同士の人間関係を築くことが大切になります。それには幹部職員と共に医師やカウンセラーも含めたチームで心の悩み相談まで含めて支援していくことも必要になります。また、心療内科や精神科で診察してもらうのもおすすめです。どほどストレスを受けているのか、医師によるいくつかの質問で数値化していき、どのような対処法が有効なのかアドバイスをくれます。また、薬を処方してくれることもあるので、これの服用を継続して行うのも大切でしょう。