痛風の痛みは専門科にチェック|適切治療で病気と闘う

man and woman

自宅で出来る医療

hospital

今現在世田谷区では在宅医療が増えています。このようなことに対応するために病院も専門の医師を増加するなどの対応をしています。病院ではなく在宅医療で治療を求める方に答える対応となっています。

詳細を確認する

循環器疾患の受診先

smiling

循環器科はまたの名を循環器内科といい、循環器疾患の診断から治療までを行います。循環器の中で意外に重要なのは腎臓であり、腎臓に強い循環器内科であれば、循環器疾患患者にとって心強いものとなるでしょう。循環器内科はカテーテル治療も行い、今後も循環器外科医でしかできない分野も治療可能となる見込みです。

詳細を確認する

早期発見が難しいガン

female

すい臓がんは早期発見が難しく危険なガンだといわれています。治療法は病巣の除去が基本となり、早期発見で病巣を全部除去することが可能となります。早期発見のための検査キットも実用化にむけて期待されています。それまでは超音波検査などを行い早期発見に努めることが肝心です。

詳細を確認する

症状の内容

female

注意しておきたい点とは

痛風というのは、体内に尿酸が過剰に溜まることによって起こる病気です。急性関節炎の発作を繰り返し、腎臓の機能が低下していきます。また痛風は非常に強い痛みがあるため、発作が起きているときにはすぐに治療してもらいたいと思う人は多くいます。しかしこうした痛みというのは治まると、その後は触っても叩いても痛みを感じません。そのため、治ったと勘違いしてしまう人も多くなっています。ですが実は、痛風はこの停滞期をすぎ1〜2年ほどすると、また激しい痛みの発作が起こるのです。ですので痛みが引いたからといって、治療を途中で止めてしまうのは非常に危険です。また痛風の発作は、アルコールの過剰摂取や激しい運動などによっても、引き起こされることが多いものです。ですので痛みが治まっていたとしても、こうした誘因となるものは避けたほうが良いでしょう。

どんな特徴があるのか

痛風の最大の特徴といえば、非常に強い痛みでしょう。名前の由来ともなっているように、風が吹いただけでも強い痛みが起こります。こうした痛みというのは、発作の出方にも特徴が見られます。最初の発作では1ヵ所のみ、2回目以降の発作では2ヵ所以上に起こるのです。ほとんどの場合は足の親指の付け根から始まることが多く、それが徐々に足首やひざなどに広がっていきます。稀に、手首やひじにまで発症する人も見られます。また痛みの他にも、高熱が出ることが多いのも特徴の1つでしょう。こうした発作というのは、大体24時間くらいで治まります。痛風の発作が起こる前というのは、その部分にチクチクとした痛みや違和感を抱くことが多くなっています。いまは治療として薬物療法が主となっており、治療を続けることによって解決が見込めます。