ドクター

交流が苦手な子供は発達障害の可能性がある|早めに治療して改善

悩む人

ストレスを感じているなら

自身が受けているストレスの影響を把握したいなら診断テストを行なってみましょう。ただし、ストレス診断テストは素人が作成したものではなく、きちんとした医療機関が作成したものを使わなければいけません。そして、その結果に気になるところがあるのなら、絶対に医療機関に訪れることを忘れないようにしましょう。

カウンセリング

カウンセリングを受けよう

学校や職場、家庭でも精神的なストレスを感じている人が多く、気力や集中力が低下したり、胃腸の調子が優れずに悩んでいる人が増えています。岡山の心療内科では、一人一人の体調に合わせて内服薬を処方したり、カウンセリングを行っています。

スーツの人

働き方が激変する社会到来

第4次産業革命は先進国に生きる者として望む姿ではありますが、他方で、新たに知識や技術を得る努力を要求される段階で多くの人にストレスを与えることになります。そこで、今後の職場で仕事の生産性を高めるには働く者同士の人間関係作りが重要なテーマとなります。

アスペルガーとADHD

男の子

アスペルガー症候群の特徴

社会で生きていくためには、コミュニケーション能力や協調性などが必要ですが、発達障害があるお子様は人と交流を持つのが苦手な人が多く、幼稚園や小学校などに入学をすると、様々な困難に遭遇する可能性があります。子供の発達障害にはアスペルガー症候群や注意欠陥多動性障害のADHDなどがあります。アスペルガー症候群の子供は知的な面では遅れがないので、周囲の人も気付きにくいですが、一人で遊ぶことが多かったり、その場の空気が読みにくいなどが見られることが多いです。学校の友人と交際がスムーズに行かないことも多く、不登校になったり、引きこもりなどになってしまう可能性があります。発達障害が疑われる場合は、早めに専門クリニックを受診する必要があります。

注意欠陥多動性障害

注意欠陥多動性障害のADHDの子供は、ささいなことでかっとしやすかったり、友達に暴力をふるう場合もあります。ADHDの発達障害を持たれているお子様は、じっとしていられないなどの多動が見られたり、忘れ物が多い、約束事が守れないなどが見られる場合があります。小学校高学年になると、自分が周囲から浮いていると、自覚をするため、多動は少しずつ改善することが多いです。発達障害の子供がおられるご家庭では、親御さんが不安を感じている人も多いですが、教師に悩みや不安を相談してアドバイスを受けることも大事です。発達障害は生まれつきの障害なので、完治するのは難しいですが、信頼できる医師にカウンセリングを受けたり、投薬による治療を受けることで、改善は可能です。